前に金融事故を起こしたことがあるから住宅ローンの審査に影響して落ちてしまうかもな・・・と諦めモードの方に朗報です。

実は金融事故を記録する機関である信用情報機関には、5年程度経過すればその事実が消えるシステムになっています。
※案件によって年数は前後します

ですから過去に

  • 延滞発生
  • 強制解約
  • 任意整理
  • 自己破産個人再生

これらの金融事故を経験したからといっても時間が経ち信用情報機関から情報が消えていれば住宅ローン審査の際に影響することはありません。

金融事故とは

過去の金融商品の支払い状況や任意整理・破産などで新たな金融機関から貸し付けをしてもらうことが出来ない状態を指します。

こういった金融事故履歴は信用情報機関が管理し、加盟している企業に共有していますので住宅ローン審査の際にとても重要な情報源となります。

金融事故は時間が経てばローン審査に影響しない

金融事故は住宅ローン審査に影響することはありますが、年数が経っている場合(具体的には5年前後)は金融事故履歴は削除されますのでローン審査に影響することはありません

具体的に金融事故案件別にどの程度経過すれば信用情報機関から削除されるのか見ていきましょう。

掲載期間は信用情報機関によって多少異なることもありますので目安として認識しておいて下さい。

延滞発生

通常2・3ヶ月ローンやカード支払いに遅延した場合、遅延を解消してから5年間ブラックリスト入りします。

最近では携帯電話の分割料金(iphoneが月々1980円で買える!と宣伝していますよね)を滞納してしまったことで遅延ブラックリスト入りしてしまう人が多くなってきており、各種ローンに通らない人が続出しています。

強制解約

遅延発生で度重なる支払い催促にも関わらず、支払いを行なわない場合はローンの打ち切りが行なわ強制解約から5年間ブラックリスト入りします。

以前クレジットカードなどを飛ばしてしまった経験があるのであれば解約後5年間は新たなローンを組めないので気をつけましょう。

任意整理

借金の整理として任意整理を利用した人も、5年間ブラックリスト入りします。

気をつけておきたい点は、どこから5年間なのかというところで金融機関によっては任意整理してから計算する場合や整理し、返済が終わってから計算するところもあるようですので5年間の認識にラグが発生する可能性があります。

自己破産・個人再生

自己破産や個人再生をした人は10年間ブラックリスト入りします。

特に自己破産に関しては借金を帳消しに出来る一方でもっともブラック入りリスト入りする期間が長いことで知られています。

個人再生も任意整理と同じく、個人再生してから計算する場合や、返済が終わってから計算するところもあるのでタイムラグは発生すると認識しておいた方が良いでしょう。

過去に金融事故を起こしてしまったとしても年数が経過しブラックリストから抜けてからはローン審査に影響はしませんので住宅ローン審査に通らないかも・・・と諦める必要はないのです。

ではタイムラグの関係で今、自分自身が金融事故履歴持ちなのかを調べる方法を紹介します。

信用情報機関で情報開示方法

自分が金融事故登録されているのかどうかが知りたい場合は、CICなどの信用情報機関の相談コーナーにて印鑑と身分確認書を持っていくと照会することが出来ます。

※CICだと開示請求に500円必要

本人だとその場で受け取ることが出来ますが窓口が近くにない場合などはインターネットで請求することも出来ます
ネットでも即時情報の開示をしてくれます。

ここで注意しておきたいポイントは開示した履歴も信用情報として記録に残りますのでやたらめったら開示するというは避けておきたいです。

まとめ

過去の金融事故があっても経年経過していれば住宅ローン審査に不利になることがないことをおわかり頂けましたでしょうか?

といっても金融事故を起こさないように普段から心がけ、支払いの日も気をつけていき今後の審査に備えておきましょう。